日高附属中で古久保さんがB29の墜落語る

 日高高校附属中学校(池田尚弘校長)の1年生は8日、平和学習を行い、戦争講演を聴いた。
 講師は田辺市龍神村の元中学校長、古久保健さん(79)。「平和を願って」をテーマに、幼いころ米軍爆撃機B29の墜落に遭遇したことから始まる貴重な経験を語った。
 古久保さんは「昭和20年5月5日、自宅近くの裏山にB29が墜落し、乗組員7人が死亡。4人がパラシュートで脱出し、大阪の憲兵施設に送られた」と経過を説明。「機体は3つに分解し、青い空にものすごい音が響いた。小学2年生だった自分は現場に駆けつけ、『敵だ』と教えられていたアメリカ兵に石を投げたが、その感触が今も手に残っている」と回想した。
 古久保さんの父は日華事変で戦死しており、足跡を訪ねて中国に行った経験から「残された家族の思いは日本人もアメリカ人も同じ。あの時の米兵の遺族を探したい」と思うようになった。その後、遺族の1人が判明し、2013年に訪問のため渡米。遺族のエリザベス・クロークさんと対面した。その模様を含めて収録した大阪芸術大学映像学科学生のドキュメンタリー映画「轟音―龍神村物語―」を上映。墜落を目の当たりにした住民らの証言、古久保さんとエリザベスさんの対面の模様を収めた映像に生徒は真剣に見入った。
 古久保さんは「『戦争は二度と起こしてはいけない』と口ではいくらでも言えるが、一人一人がきちんと平和を求める心を持っていなければ本当に防ぐことはできない。私は皆さんに、命を大切にする人間になるようしっかり学んでほしい」と熱を込めて語った。

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る