U15中学生女子サッカー 山野さんが県代表に

 中学生女子サッカーのU―15県トレセン代表メンバーに、日高地方から唯一、由良FCのDF山野夏帆選手(由良中1年)が選出された。普段、男子に交じってプレーする中で培った当たり負けしないフィジカルの強さとスピードが武器で、1年生ながら県選抜8人の中に入った。19、20日に大阪堺のJ―GREENで開かれる関西トレセン選考会に参加し、関西代表入りを目指す。
 7月下旬に行われた選考会には県内の女子選手約20人が参加。ゲーム形式で行われ、一人一人の動きをチェックし、8人を選出した。1年生で選ばれたのは山野選手を含めて3人。
 山野選手は身長161㌢、1対1に強い右サイドバック。選考会では誰よりも大きな声でコーチングし、トップに入ったときは前線からプレッシャーをかけ、守備面で献身的なプレーを発揮して選考委員の目に留まった。
 由良FCではメンバー12人の中で唯一の女子選手。「女子扱いされないよう、対等に戦えるよう鍛えています」といい、普段の走り込みで培った男子にも引けを取らない体の強さとスピードを兼ね備えており、チームでも大きな存在感を発揮している。「いつも男子と競り合っているので、女子の選考会では3年生にも当たり負けしませんでした。日ごろの練習の成果を十分発揮できました」と男子とのプレーのおかげで成長を実感できるようになってきた。DFながら攻撃にも積極的に参加しており、「ロングキックで前線にパスを出して、ゴールにつながったときは一番うれしい」とサッカーが楽しくて仕方がない。目標は関西選抜入りで、「もっと足元の技術を高めて、代表でも由良FCでも山野がいないとダメだと思われるような選手になりたい。選考会では他府県の選手に負けないようしっかり自分をアピールしたい」とこぶしを握った。
 由良FCの神田歳治監督は「フィジカルも負けん気も強くて、ほかの選手を引っ張っていける選手。常に平常心で自分の持っている力を出してきてほしい」とエールを送っている。
 

関連記事

フォトニュース

  1. エビいっぱいとれたで

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る