夏場に梅の機能性PR

 7月も下旬、連日真夏日が続いている。8月に入ると35度を超える猛暑日も増える見込み。和歌山地方気象台によると、近畿地方は8月から10月までの3カ月間の気温予想は、平年より高くなる確率が高いという。東日本でも同じような傾向で、ことしは全国的に暑い夏になりそうだ。
 この時期になると熱気を増すのが夏の商戦。ビールやアイスクリームなどの食品、エアコンや扇風機などの電化製品の販売に小売店ではヒートアップ中。他にも日傘や虫除けスプレーなども消費に追い風となり、夏の暑さは景気全体をみればプラスの効果に働くという。
 夏に売れる商品と言えば、当地方特産の梅干しもその1つ。食品の防腐、食欲不振解消などの効果があるといわれ、昔から「夏が暑くなるほど梅干しの売れ行きが伸びる」とも言われている。最近の研究では熱中症の予防にも効果があることが分かり、夏場は梅の機能性をアピールする絶好の機会。近年は異常な暑さが発生しているだけに、暑さから守る対策が注目される。
 新聞やテレビなどによると、ことしも熱中症による死亡者が発生。日高地方でも気温の上昇とともに救急車で搬送される患者が増えている。しかし、梅産地の住民が熱中症などで倒れるとなれば、梅の機能性に対するPR効果が薄らいでしまう。逆に熱中症患者が少なければ、説得力は高まる。
 夏場は小まめな水分補給に加え、暑い時の作業等は無理せず休憩を入れることが大事。長期間にわたって高温となる場所で過ごすのは避けるべき。そして何より運動や作業の前には1粒の梅干しを食べ、住民一人ひとりが暑さ対策に心がけて体長を崩さない。それが夏の梅干し商戦の戦略にもつながる。     (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る