日本人に生まれてよかった

 御坊市民文化会館で開催された和田勇シンポジウムで講師を務めた博多の歴女、白駒妃登美さんは講演の冒頭、「私の話を聴いてもらえると、日本人に生まれてよかったと思ってもらえると思う」と話されたが、講演を聴き終えたとき、まさにそんな感情を持つことができた。和田さんの生き方を通じて強調されていたのは、日本人の生き方。中でも和歌山県人の遺伝子が和田さんを育んだという言葉は印象に残った。
 引き合いに出したのは、明治23年にトルコ軍艦のエルトゥールル号が串本町で座礁した際、旧大島村の村民が総出で救助と生存者の介抱にあたったこと。さらに400年前、真田幸村を男にした九度山町民の惻隠の情だ。もう一人、例に挙げたのは箕島高校野球部の名将、故尾藤公さんの話。いまでも高校野球史に語り継がれる星稜高校との延長18回の熱戦の後日談を紹介された。
 星稜1点勝ち越しで迎えた延長16回、ファールフライで試合終了かと思われたが、転倒して落球したのが加藤一塁手。後日行われた親善試合で尾藤監督が打席に立ち、一塁に打ち上げたフライを加藤さんがしっかりキャッチ。尾藤さんは駆け寄って肩を抱き「加藤今度はちゃんと取ったな」と涙で顔をくちゃくちゃにしたという。尾藤さんの人柄が心にしみた。
 個人の夢はその人が亡くなれば消えてしまうが、世のため人のための志は誰かに受け継がれ、思いはその土地に残るとも。先人の思いを受け継いでいくのがいまを生きる者の使命だろう。先人がつないできた他人への思いやり、恩に報いる感謝の気持ち、日本人の美徳を持たねばとあらためて思わされた。      (片)

関連記事

フォトニュース

  1. おいしい話にはご用心!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る