夏の高校野球和歌山大会 紀央館がベスト8進出

 第99回全国高校野球選手権和歌山大会8日目の21日は2回戦1試合と3回戦2試合があり、第3試合の3回戦では紀央館が和歌山工に打ち勝って、2年ぶり12回目の8強進出を決めた。初戦の2回戦で14三振、2得点だった紀央館は初回に4安打4得点の猛攻を見せるなど打線が奮起し、10安打で6得点。サイド右腕のエース・石方が7安打を浴びながら最後まで粘り強くリードを守りきり、2戦連続の完投を果たした。
紀央館
400000002 6
021000000 3
和歌山工
 紀央館は初回、先頭の湯川が左前打し、すかさず二盗。垣内の四球、中野の右前打で満塁と攻め立てると、中村がフルカウントから選球眼よく押し出しの四球を選び、1死後には石方の中前打で2者を迎え入れた。なおも続く二、三塁の好機に山村が中前へ弾き返して1点追加し、大きな4点のリードを奪った。
 和歌山工のアンダーハンド右腕・本田に対し、2回以降は再三、得点圏に走者を置きながらあと一本が出なかった紀央館。3回までに1点差に詰め寄られ、重苦しいムードのまま迎えた9回の攻撃では2失策などで二死一、三塁とすると、8回途中から2番手登板していた左腕・石井悠斗から小竹が左中間へ2点二塁打を放ち、貴重な得点を加えた。小竹は8回から代走で出場。今大会の初打席で見事な働きを見せ、粘投するエースを援護した。
 石方は2回1死一、三塁からスクイズと中前適時打で2点を許し、3回には2死二塁から右前適時打を打たれたものの、4回以降は要所を締め、一度も主導権を譲らなかった。6回2死一、三塁のピンチは左飛、8回無死一塁は犠打のあと、外野飛球2つで切り抜け、9回は中飛、右飛、遊ゴロと3人でぴしゃり。7安打3失点で9回を投げ抜いた。
 紀央館は24日の準々決勝第1試合(午前10時~)で向陽と顔を合わせる。

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る