後半戦の活躍も期待

 第99回全国高校野球選手権和歌山大会は19日で前半戦が終了。本紙エリア勢は好調で、活躍を振り返ってみる。
 開幕カードの和歌山高専は箕島に敗れたとはいえ、健闘が光った。最終回、プロ注目右腕を攻め立て2得点。経験豊富な3年生バッテリーを軸に粘り強く戦い抜き、球場を大いに沸かせた。日高中津は秋季県予選以来の公式戦登板となったエースが期待通りの投球を披露。打線が11安打、バックも無失策でエースの勇姿に応え、初戦を突破した。2回戦でも2試合連続2桁安打となる10安打と若アユ打線が爆発し、分校対決を8回コールドで制した。日高は接戦をしぶとくものにした。エースの先発回避で不安視された序盤、右サイド右腕が踏ん張ってリズムを作り、先制、逃げ切りの「守り勝つ野球」に持ち込めたのが勝因の一つに挙げられるだろう。和高専を下した箕島と対戦した紀央館はエースが決勝の本塁打、4安打1失点完投と投打に大車輪。守備中の降雨中断もものともせず、強豪を振り切った。南部は相手を上回る11安打と自慢の強打を発揮しながら1点及ばなかったのは残念だが、2、3年生11人を中心によく頑張ったと思う。創部2年目の和歌山南陵は公式戦初勝利を達成。19安打を放ち、この1年間の成長を示した。南部龍神は大敗を喫したが、ナインははつらつとしたプレーを見せていた。
 後半戦は勝ち上がったチームが次々と登場し、さらに熱を帯びてくるのは間違いない。シード2校が初戦で涙をのむなど大会前の展望通り大混戦の夏となる気配が強く、地元勢にもチャンス十分。28日の決勝まで、「仲間を信じ、全身全霊」(選手宣誓から)のプレーで盛り上げてもらいたい。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る