フォトコン、やってま~す!

 より身近な鉄道会社として愛着を持ってもらおうと、御坊市の紀州鉄道は初めてフォトコンテストを企画し、15日から作品の募集をスタートした。8月末まで受け付け、応募作品は9月1日から2週間程度、紀伊御坊駅構内に展示。一般から投票してもらい、最優秀賞1点、優秀賞6点を選び2018年オリジナルカレンダーを作製するユニークな取り組みで、鉄道ファンだけでなく、地域住民から人気を呼びそうだ。
 多くの人に紀州鉄道の魅力を知ってもらおうと社員が発案。「地域と一体となって取り組みたい」との思いから、社員で審査するのではなく、一般来場者に投票してもらう方法で入賞作品を選考することにした。さらに入賞作品を採用してカレンダーを作製する。最優秀賞1点は表紙、優秀賞6点はカレンダーの各ページ(2カ月分で1枚)に掲載。佳作数点は最終ページに載せることにしている。大きさはA4サイズで、受賞作品は9月中旬に公式ホームページで発表。カレンダーは10月以降に完成させ、採用者らにプレゼントする。
 テーマはずばり「紀州鉄道」で、車両や駅舎、レール、風景など紀州鉄道や雰囲気を表現した写真を対象にする。プロ・アマ問わず誰でも1人3点まで応募できる。未発表または発表予定のない作品のみで、他のコンテストへの二重応募や類似作品は失格とする。人物が写っている場合は必ず本人の了承を得ること。応募は紀州鉄道のホームページに応募専用フォームを設けており、必要事項を記入して写真データを送信すればよい。受け付けはデータのみ。カレンダーにするため、写真の解像度等に注意が必要。
 同社は「この機会にぜひ紀州鉄道に足を運んでいただき、素敵な写真を撮ってほしい。応募を楽しみにしています」とPRしている。

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る