和歌山県にもいるはず! 伊能忠敬の測量支援者の子孫

 江戸時代後期、全国を歩いて日本初の実測地図を制作した伊能忠敬(1745~1818年)の測量業務を支援した人たちの子孫を探そうと、東京に拠点を置く伊能忠敬研究会が支援者の名前等をネットで公開。メディアを通じてPRを始めて1年半近くが過ぎたいま、全国で100人近くの子孫が名乗り出ているが、和歌山県内の子孫は1人もいないという。
 研究会は、「測量は幕府の理解、受け入れた諸藩、町村の膨大な協力により完成されたものであって伊能隊のみの成果ではない」とし、没後200年に当たる来年秋に関係者の子孫らの交流顕彰発表会の開催を企画。測量日記28巻、延べ4600日分に記されている人名(約1万2000人)を拾い上げてデータベース化し、各市町村別に宿の提供者や出迎えた人、あいさつに来た人らの名前が整理されている。
 御坊市では、文化2年(1805)7月27日(8月21日)、上野村(現名田町上野)の記録として、宿舎が「治郎兵衛」「利右衛門」、見舞いが「大庄屋の宮井条右衛門」、中食(昼食)が「西地村」と記載されている。検索は伊能忠敬e資料館http://www.inopedia.tokyo/database/
 問い合わせは伊能忠敬没後200年記念伊能測量協力者顕彰大会事務局(千葉県山武市の戸村茂昭さん)℡080―5419―8078。

関連記事

フォトニュース

  1. 10日には発送します

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る