燃える氷に期待

 先日、和歌山高専の特別授業で、参議院議員青山繁晴氏の妻で東京海洋大学准教授、メタンハイドレートの研究者でもある青山千春さんが講演した。
 メタンハイドレートと言えば日本の海底に眠る資源。天然ガスの主成分となるメタンガスと水で構成されたもので、海底では氷の状態になっており、「燃える氷」と言われている。過去の調査で、和歌山沖の海底にもたくさん埋蔵されていることが判明。取り出すことができれば、日本が資源国になれる可能性があるという。
 ネックとなるのは海底から取り出す方法。メタンハイドレートは圧力が低い場所に持ち出すと気化してしまう。以前から採取法の検討や試験が行われていたようだが、4~6月にかけて行った試験でついに採取に成功したとのこと。採取できたのは海底のさらに下に埋蔵された「砂層型」と言われるメタンハイドレート。採取法は埋蔵されている場所で気圧を下げて、ガスだけを取り出す。青山さんが言うにはあまり大きく報道されなかったが、画期的なことだという。
 講演を聴いてさっそくインターネットで検索してみると、ガスの採取成功に関する記事がいくつか見つかった。今後商業化に向けて取り組むようで、日本が資源国になる日もそう遠くないかもしれない。
 「砂層型」が太平洋側に多いのに対し、日本海には海底の表面に蓄積した「表層型」が多い。この「表層型」については採取方法がいまのところなく、青山さんも学生にアイデアを呼びかけていた。講演では燃焼実験もあり、生徒たちは氷が燃える様子に目を輝かせていた。この日の感動を忘れず、いつの日かメタンハイドレート掘削に大きな功績を残す研究者が現れることに期待したい。     (城)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る