激増の体重対策に悩む

 家の体重計がずいぶん前に壊れ、もう何年も会社の健康診断以外で体重を測っていなかった。すると今回、ショックな結果が出た。体重が1年で8㌔増加していたのだ◆「小太りの方が長生きする」という説を何かでみて、健康に問題さえなければ少しぐらい太っても大丈夫とのんきに構えていたせいもある。とはいっても昨年の健診ですでに標準体重をかなり上回っていた。そこへこの結果。もはや小太りなどという段階ではなくなっている◆就寝前3時間は何も食べない方がいいといわれるが、深夜は筆者にとって貴重な読書タイムで、本に没頭しながら菓子など無心に口へ運ぶのが日課となっていた。太らない方が不思議である。そういえばここのところ膝が痛く、床や畳に座り込んだ姿勢から立ち上がるにはどうしても動作がスローモーションになる。階段など上がると体が重く感じられる。年齢とともに筋力が衰えてきたのか、何か運動しなければと危機感を持っていたが、なんのことはない、本当に体が重くなっていたのだった◆折りしも、タレントの斎藤こず恵さんがダイエット経験を語る番組が放映されていた。最も体重の多い時で100㌔以上、40㌔以上の減量を体験したそうだが、ダイエット期間は「死ぬまで」とする言葉に目からうろこが落ちる思いがした。期限を設けて頑張ると、達成して気がゆるんだ瞬間たちまち元の生活習慣に戻ってしまう。目的は単にやせることではなく「健康な体」を手に入れること。健康を保つ心がけに期限などあるはずはなかった◆とりあえず深夜に食べるのをやめ、体重計を購入した。いつ効果が表れるか、そもそもそれくらいのことで効果があるのか、それよりも何か運動すべきではないのか、まだ頭を悩ませている。       (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る