激増の体重対策に悩む

 家の体重計がずいぶん前に壊れ、もう何年も会社の健康診断以外で体重を測っていなかった。すると今回、ショックな結果が出た。体重が1年で8㌔増加していたのだ◆「小太りの方が長生きする」という説を何かでみて、健康に問題さえなければ少しぐらい太っても大丈夫とのんきに構えていたせいもある。とはいっても昨年の健診ですでに標準体重をかなり上回っていた。そこへこの結果。もはや小太りなどという段階ではなくなっている◆就寝前3時間は何も食べない方がいいといわれるが、深夜は筆者にとって貴重な読書タイムで、本に没頭しながら菓子など無心に口へ運ぶのが日課となっていた。太らない方が不思議である。そういえばここのところ膝が痛く、床や畳に座り込んだ姿勢から立ち上がるにはどうしても動作がスローモーションになる。階段など上がると体が重く感じられる。年齢とともに筋力が衰えてきたのか、何か運動しなければと危機感を持っていたが、なんのことはない、本当に体が重くなっていたのだった◆折りしも、タレントの斎藤こず恵さんがダイエット経験を語る番組が放映されていた。最も体重の多い時で100㌔以上、40㌔以上の減量を体験したそうだが、ダイエット期間は「死ぬまで」とする言葉に目からうろこが落ちる思いがした。期限を設けて頑張ると、達成して気がゆるんだ瞬間たちまち元の生活習慣に戻ってしまう。目的は単にやせることではなく「健康な体」を手に入れること。健康を保つ心がけに期限などあるはずはなかった◆とりあえず深夜に食べるのをやめ、体重計を購入した。いつ効果が表れるか、そもそもそれくらいのことで効果があるのか、それよりも何か運動すべきではないのか、まだ頭を悩ませている。       (里)

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いします

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る