大成中学校で命の大切さ学ぶ教室

 御坊市日高川町組合立の大成中学校(岡本哲司校長、生徒199人)で12日、交通事故の被害者遺族による「命の大切さを学ぶ教室」が開かれた。当時23歳の長男を亡くした滋賀県の田中博司さん(67)、とし子さん(61)夫婦が講演。生徒らは真剣に耳を傾けた。
 田中さん夫婦の長男幹弘さんは平成16年9月、東近江市の国道で友人が運転する車の助手席に同乗中、友人の居眠り運転で道路壁に衝突。命を落とした。2人は生前の写真などが張られた幹弘さんの等身大パネルとともに生徒たちの前に立ち、「命の大切さを伝える~被害者にも加害者にもならないで~」と題してマイクを握った。
 事故以降、日常生活の全てが悲しみに変わった体験を語ったうえで、それでも幹弘さんのために命の大切さを伝えていきたいと活動している現在について話し、博司さんは「親はいつになっても子どものために生きたいと思うもの。幹弘を亡くして本当につらかったが、そのあと命の大切さを広く伝えたいという新たな目標ができた。『幹』が折れても枝は伸びる。夢も希望もなくなり一度は諦めた人生、よかったとは言えないが、幹弘がまったく違う世界を見せてくれた」と気持ちの変化を説明。とし子さんが幹弘さんへの手紙を朗読し、博司さんが「いじめも事件事故も同じ。思いやりが欠けると問題が起きます。相手の気持ち、立場になって考えることが大切。そして、きょうのことを家族に話してください。長い人生いろいろあると思いますが、皆さんの幸せを願っています」と結んだ。
 

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る