由良の教専寺保管の将軍様の風呂おけ公開へ

 由良町阿戸、浄土真宗本願寺派教専寺(永原智行住職)で保管されている、江戸幕府第14代将軍徳川家茂(1846―1866年)が入った風呂おけが今秋、和歌山市立博物館で開催の特別展「幕末の紀州藩」に出展される。町や県などの文化財指定は受けていないが、将軍ゆかりの地を示す証として現存する知る人ぞ知る貴重な歴史的資料。寺から持ち出しての一般公開は初めてとなる。
 徳川御三家紀州藩第13代藩主から徳川第14代将軍になった家茂は、英明な風格を備えており、勝海舟をはじめ幕臣からの信望が厚く、忠誠を集めたと言われている人物。文久4年(元治元年 1864)の1月6・7日、参与会議が開かれる京都市の二条城に軍艦「翔鶴丸」で向かう途中、由良町の教専寺で休息。漢方薬の朝鮮人参を入れた風呂が用意され、その際のおけがいまも残っている。大きさは直径70㌢、深さ60㌢。おけの底板には「江南山宝物 元治元 甲子 初春 正月七日 7ツ時比 上様御浴場 被遊候」と、日時や将軍が風呂おけを使用したことを示す記録もある。また、おけは将軍用に「日高の地」で作られたとの文献が残されている。同寺の19代目となる永原住職によると、将軍が来た時の住職は15代目で、当時は漢方薬も作っていた。
 和歌山市立博物館では、特別展「幕末の紀州藩」を開催するにあたり、家茂将軍らの関連資料を探しており、当初、教専寺では家茂が由良に立ち寄ったことが記されている同寺の古文書を借りる予定だったが、学芸員が調査に入り、風呂おけがあることも知ってびっくり。将軍ゆかりの貴重な歴史資料として、風呂おけの出展をオファーしたところ、同寺が快諾した。この古文書も貴重な品で、将軍が来た際に「お供が2人」との記述もあり、このうち1人は勝海舟だと伝えられている。
 特別展は、10月21日から11月26日まで。入館料500円。幕末の紀州藩に関する約130点を出展する。永原住職は「これまで地元でも一部の人にしか知られていなかった将軍用の風呂おけが、ようやく世に出される。代々の住職が守ってくれた宝物が、私の代でお披露目できることは、この上ない喜び」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る