文藝春秋 御坊市の認知症支援の取り組みを紹介

 認知症支援施策が全国先進地の御坊市が、10日に発売された総合月刊誌「文藝春秋」8月号に掲載された。市が取り組んでいる認知症本人サミット、スターチスを認知症支援のシンボルにするオリジナルの活動のほか、認知症支援の取り組みを始めたきっかけなどを3㌻にわたって紹介。文中では「御坊市はいま全国の注目を浴びている」と高く評価されている。
 文藝春秋は大正12年に創刊され、発行部数44万部以上を誇る日本有数の総合月刊誌。
 8月号では、同誌が認知症をテーマに予防や治療、本人の体験談など約70㌻で特集しており、御坊市は自治体の取り組みを紹介したコーナーで登場。「認知症で町おこしをする自治体」として御坊市、新潟県湯沢町、鳥取県米子市の3市町の事例を掲載している。
 御坊市は3㌻分あり、ことし4月に京都で開かれた国際アルツハイマー病協会国際会議の会場の一角でスターチスと花言葉を記したカードを配布し、認知症支援のシンボルとしてPRしていること、介護家族の交流勉強会「ごぼうホットサロン」、認知症疾患医療センターの協力で「もの忘れ相談会」などを開催していることを記し、「全国から注目を浴びている」と説明。認知症支援に取り組みを始めたきっかけとなった、藤田地区の89歳男性との出会いや、男性を支援する中で立ち消えになっていた地域住民の親睦の集いが復活したこと、住民のつながりが生まれたことなどが分かりやすく紹介されている。取材を受けた市介護福祉課の田中孝典課長や谷口泰之副主任のコメントも載っている。田中課長は「取り組みを全国に発信していただきありがたい。これをきっかけに全国の市町と新たなつながりができることを期待しています。今後も認知症の本人が活躍できるまちづくりに努めていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ドリブルからシュート!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町クエ・フェア

    10月 19 @ 11:00 AM
  2. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る