ドキドキと新しい出会い

 モノの売り方で、「未知マーケティング」というものが広がっているそうだ。「開けるまで何が出るか分からない。あえて中身を隠して売る手法」。ネットで調べると、日経MJが成長市場の可能性を感じ、名付けたとあった。
 例えばDVD。タイトル、それにジャケットもなしで、ただキャッチコピーが書かれている。大手のショップでは「全員フルボッコの最強パパ」などと文字のみを表示しているという。客が借り、がっかりしないように高い評価のある作品を選んでおり、その手法でも借り手はいるようだ。すでに航空券、書籍などでも同様の販売方法があり、「何が出るのか分からない」などのドキドキ、わくわく感が消費者には好評だとか。また、自分でモノを選ぶと興味がなければスルーだが、これならそうはいかない。福袋のようなお楽しみ感にプラスし、新しい出会いの提供もこの手法の広がりを後押ししているのだろう。
 「記者は何事にも興味を持て」といわれるが、実際にモノを買うとなると「何が出るか」では不安。だから、この手法の良さはピンとこないが、「新しいモノに出会える」という部分には少しひかれる。
 ネット社会のいま、ニュースや情報を得る際はスマホやパソコンを利用する人がほとんどだが、それでは興味のある内容に偏ってしまう。ネットにはスピードで勝てない新聞は、紙面を見渡せばさまざまな情報に出会えるので「きょうは何が載っているのかな」という未知マーケティングに近い存在ではないだろうか。視野を広げる、幅広い知識を得るツールとしてネットに対抗でき、あとは読者の心を刺激する、新しい出会いを提供する紙面づくりへ一層努力が必要と感じている。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る