ドキドキと新しい出会い

 モノの売り方で、「未知マーケティング」というものが広がっているそうだ。「開けるまで何が出るか分からない。あえて中身を隠して売る手法」。ネットで調べると、日経MJが成長市場の可能性を感じ、名付けたとあった。
 例えばDVD。タイトル、それにジャケットもなしで、ただキャッチコピーが書かれている。大手のショップでは「全員フルボッコの最強パパ」などと文字のみを表示しているという。客が借り、がっかりしないように高い評価のある作品を選んでおり、その手法でも借り手はいるようだ。すでに航空券、書籍などでも同様の販売方法があり、「何が出るのか分からない」などのドキドキ、わくわく感が消費者には好評だとか。また、自分でモノを選ぶと興味がなければスルーだが、これならそうはいかない。福袋のようなお楽しみ感にプラスし、新しい出会いの提供もこの手法の広がりを後押ししているのだろう。
 「記者は何事にも興味を持て」といわれるが、実際にモノを買うとなると「何が出るか」では不安。だから、この手法の良さはピンとこないが、「新しいモノに出会える」という部分には少しひかれる。
 ネット社会のいま、ニュースや情報を得る際はスマホやパソコンを利用する人がほとんどだが、それでは興味のある内容に偏ってしまう。ネットにはスピードで勝てない新聞は、紙面を見渡せばさまざまな情報に出会えるので「きょうは何が載っているのかな」という未知マーケティングに近い存在ではないだろうか。視野を広げる、幅広い知識を得るツールとしてネットに対抗でき、あとは読者の心を刺激する、新しい出会いを提供する紙面づくりへ一層努力が必要と感じている。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る