美浜、日高の両町長らクヌッセン機関長の故郷訪問

 海の勇者として知られるヨハネス・クヌッセン機関長の殉難60周年に際し、美浜、日高両町と県は機関長の祖国デンマークを訪問した。2日出発、8日帰国の日程で、下宏副知事、森下誠史美浜町長、松本秀司日高町長ら10人が参加。森下、松本両町長と機関長の生まれ故郷、フレデリクスハウン市のビアギッテ・ハンセン市長の3者は「友好提携に関する覚書」にもサインし、次世代への機関長の遺徳伝承、友好親善関係の一層の深化をあらためて誓い合った。
 美浜、日高両町訪問のメイン行事となる覚書署名会は現地時間4日にフレデリクスハウン市役所で開かれ、下副知事立ち会いの下、3者が覚書にサイン。覚書には「1957年2月10日に和歌山県美浜町日ノ岬沖で発生した貨客船エレン・マースク号のヨハネス・クヌッセン機関長の殉難に深い哀悼の意を表するとともに、今日の友好関係が末永く続いていくことを目的とし、友好の礎となったクヌッセン機関長の遺徳について次世代を担う若者に伝承し、現在の友好親善関係を更に深化させるべく互いに尽力する」と書かれており、日本とデンマークの外交関係樹立150年、機関長生誕100年の記念の年でもある今年、あらためて海の勇者が取り持つ関係の強化、発展を誓い合った。
 デンマーク訪問には、美浜町から谷重幸副議長、古屋修教育長、日高町からは清水正巳議長、玉井幸吉教育長も参加。機関長の墓参り、機関長の顕彰コーナーがあるバングスボー博物館見学のほか、日高高校と姉妹校提携を結んでいるフレデリクスハウン高校や機関長の貨物船が所属していた海運会社「マースクライン社」の訪問も行った。機関長の墓参りでは森下、松本両町長が献花、手を合わせて冥福を祈った。墓参りの様子は地元紙の1面トップと中面見開きで大きく報じられ、現地でも話題になったという。
 帰国後、森下町長は「きっちりと書面で友好関係の深化を確認したのは初めてのことで、記念に残るだけでなく、明日へ向かっての交流の発展に大きくつながることと思う」と訪問の意義を強調し、「ハンセン市長には、ぜひ日本へも来てほしいと強くお誘いもしてきた」。松本町長は「マースクライン社では田杭の方々の供養に対し、尊敬の念しかなく大変ありがたいとのメッセージをいただいた。大変意義のある訪問だった」と話していた。
 クヌッセン機関長は火災を起こした日本の木材運搬船を発見。悪天候のなか救助に当たり、海に落ちた船長を助けるため飛び込んだところ、荒波にのまれて亡くなった。美浜、日高両町や関係機関では、機関長が亡くなって3日後に遺徳顕彰会を発足させ、毎年、命日に合わせて慰霊献花の集いを開催。機関長の遺体と救命艇が発見された日高町の田杭区では供養塔が建てられ、いまも区民が交代で「クヌッセン花当番」を務めて定期的に献花するなどの慰霊、顕彰活動が続けられている。
 

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る