負けたあとどうするか

 幼いころ将棋を指して、負けて泣いた記憶がある。相手が祖父だったか父だったか、はっきりしないが覚えている。先日「うちのおじいちゃん」のコーナーの取材で、御坊市内に住む66歳の方も5歳の孫と将棋を指すという話を聞いた。その方は「まだまだ負けません」。一方、我が家では69歳の父が小学3年の孫に「真剣にやって負けた」と肩を落としていた。昨年ごろだろうか走るのも負けたそう。「もうあかんなー」と言いながらも、表情はどこかうれしそうで、孫の成長を喜んでいるように見えた。
 将棋と言えば、いまをときめく藤井聡太四段の連勝記録が29で止まった際、先月に現役を引退した、「ひふみん」の愛称で親しまれている加藤一二三(ひふみ)九段がツイッターで送ったメッセージが話題になっていた。63年もの長きにわたって棋士として勝負の世界に生きた加藤九段だからこそ伝えられるといえよう言葉。まずは「棋士人生はまだまだこれから いま始まったばかり」という書き出しから、続けて勝負の世界を生きていく藤井四段に対して「勝負ごとには勝ちか負けの2択しかない。だからこそ常にその先にあるものを見据え、観る人々の魂を揺さぶる、後世に残る棋譜を紡いでいただけたらと思う」と声援を送った。
 さらに、その次に投稿した「人生も、将棋も、勝負は常に負けた地点から始まる」。2度の20を超える連敗を含む歴代最多の1180敗を喫した加藤九段ならではの説得力がある。1324勝のうち90%が「名局」だったと引退会見で振り返っていた加藤九段の深い表現。「負けたあとどうするか」、筆者だけでなく多くの人にとって人生の糧にできる金言だったと思う。     (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 手作りもいいですね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る