みなべのボルダリング施設が人気

 みなべ町清川、山岳競技施設「梅の里ボルダリングウォール」の昨年度利用者人数が、3831人だったことが分かった。本年度は6月末までの3カ月間ですでに2100人となるハイペース。人気の背景には、3年後に開催される東京オリンピックの追加種目となったことや気軽に楽しめることなどがあり、口コミで広がっているという。
 平成27年に開催された紀の国わかやま国体で使用された施設を町が買い取り、廃校した清川中学校の体育館に移設した。高さ5㍍、幅23㍍で、本格的にプレーできる施設となっている。ルールはホールドと呼ばれる凹凸に手や足をかけて登る競技。難易度別に約30のルートが設定されており、初心者から上級者までプレーを楽しめる。
 周辺市町などのほか、大阪や滋賀など県外からも利用があり、大半が口コミで知ったという。人気の理由としては東京五輪で追加種目に登録され、テレビコマーシャルなどでもボルダリング競技の映像を見る機会が増えたことなどがある。県内には公共のボルダリング施設は少なく、気軽に利用できることも大きな要因となっている。
 基本的に月・水・金・土曜日は一般開放し、使用料100円とシューズの貸し出し料100円が必要。火・木曜日は無料体験日。毎月第2木曜日は事前申し込み者のみの教室となっている。体育協会のボルダリング部や地元のスポーツクラブのメンバーらがルールなどを説明してくれる。時間は午後6時半から9時半までとなっており、誰でも参加できる。詳しくは町教育委員会℡0739・74・3134。

関連記事

フォトニュース

  1. お空に飛んでいけ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る