水害に対する備えは十分か

 活発な梅雨前線の影響で、九州の福岡や大分などで記録的な豪雨が続き、甚大な被害が発生している。テレビや新聞では増水した川の濁流に建物がのみ込まれたり、道路が浸水したりした映像や写真が生々しく報道。まさに悲惨としかいいようがない光景で、自然災害の怖さをまざまざと思い知らされる。
 両県では死者や行方不明者も発生し、孤立している地域も多い。自宅に帰ることができず避難所生活を続けている住民も大勢いる。大雨特別警報は6日に解除されたが、まだまだ危険な状態から脱することはできない。
 日本は水害が多い国で、毎年と言っていいほど全国各地で発生している。特に夏から秋にかけては注意しなければいけない時期だ。当地方でも平成23年に紀伊半島水害が起きた。河川の濁流に流されたり、山から崩れ落ちた土砂にのみ込まれたりし、日高川町で3人(行方不明1人)、みなべ町で1人の尊い命が奪われた。県内では紀南地方を中心に甚大な被害となり、死者と行方不明者合わせて61人の犠牲者が出た。人的な被害のほか、河川の氾濫、道路の損壊などが発生し、清川地区は一時孤立するという事態にも陥った。災害から6年経っても当時の記憶はまだ新しい。
 被災後、復旧・復興作業が行われ、町の姿は被災前の状態に戻ったといえるだろう。しかし、水害への対策は進んだのか。公民館に備蓄食料品を配備したり、土砂災害マップを製作したりしているが、それだけでは十分とは言いがたい。一方、近い将来発生するといわれる南海地震の備えは着々と進んでいる。起こる災害は地震や津波だけでなく、水害に対する備えをもう一度見直す必要があるのではないか。九州は決して人事ではない。    (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る