あの時代を忘れない

 CDよりも温かみが感じられるということで、近年、昔のアナログレコードの人気が高まりつつあり、ソニーがレコード生産を復活させるという。何となく分かるが、なぜいまさら、という気もしないではない。
 初めて自分で買ったレコードはたしか、サザンの「Ya Ya あの時代を忘れない」。中学になるとMTVにどっぷり浸かり、友達と御坊のまちの電気店で展示品のステレオをいじり、「やっぱりソニーやで」などと得意になっていた。
 深夜のベストヒットUSAにかじりつき、おニャン子クラブに騒ぐ同級生を鼻で笑っていたあのころ。英語の歌詞の意味はさっぱり分からなかったが、カセットテープのノーマルとクロームの音の違いは分かった。
 テープはレコードと同じでA面とB面があり、学校の勉強よりも、どうしても切れる最後の曲の最後の5秒をどうやって入れるか、インデックスラベルにいかにきれいに曲名を書くかに必死だった。
 学校帰り、大谷レコードの袋に入ったLPをこれ見よがしに自転車のかごに入れて田んぼ道を走っていた。高校生になると、電車通学の女子がおしゃれなイワキレコードの袋を持ってきて、教室で大谷派と本願寺イワキ派が自分の知らない洋楽で意気投合する姿にイラついたりもした。
 もう30年以上も昔の話。中高生にとってアナログのLP盤は音楽を聴くだけでなく、湯川れい子らの小難しいライナーノーツを読むのもわくわくしたし、ジャケットが重要なファッションアイテムだった。
 音に関しては雑音との闘いだったため、アナログ盤に思い出はあっても、買おうとは思わない。生まれたときからデジタル社会のいまの若者は、初めて聴くアナログが新鮮なのかも。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る