あの時代を忘れない

 CDよりも温かみが感じられるということで、近年、昔のアナログレコードの人気が高まりつつあり、ソニーがレコード生産を復活させるという。何となく分かるが、なぜいまさら、という気もしないではない。
 初めて自分で買ったレコードはたしか、サザンの「Ya Ya あの時代を忘れない」。中学になるとMTVにどっぷり浸かり、友達と御坊のまちの電気店で展示品のステレオをいじり、「やっぱりソニーやで」などと得意になっていた。
 深夜のベストヒットUSAにかじりつき、おニャン子クラブに騒ぐ同級生を鼻で笑っていたあのころ。英語の歌詞の意味はさっぱり分からなかったが、カセットテープのノーマルとクロームの音の違いは分かった。
 テープはレコードと同じでA面とB面があり、学校の勉強よりも、どうしても切れる最後の曲の最後の5秒をどうやって入れるか、インデックスラベルにいかにきれいに曲名を書くかに必死だった。
 学校帰り、大谷レコードの袋に入ったLPをこれ見よがしに自転車のかごに入れて田んぼ道を走っていた。高校生になると、電車通学の女子がおしゃれなイワキレコードの袋を持ってきて、教室で大谷派と本願寺イワキ派が自分の知らない洋楽で意気投合する姿にイラついたりもした。
 もう30年以上も昔の話。中高生にとってアナログのLP盤は音楽を聴くだけでなく、湯川れい子らの小難しいライナーノーツを読むのもわくわくしたし、ジャケットが重要なファッションアイテムだった。
 音に関しては雑音との闘いだったため、アナログ盤に思い出はあっても、買おうとは思わない。生まれたときからデジタル社会のいまの若者は、初めて聴くアナログが新鮮なのかも。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る