県ジュニア体操選手権 印南の坂井兄弟が活躍

 田辺市中芳養の田辺体操教室(川間大志代表)に通う印南町の坂井孝成君(稲原小5年)、俊紀君(同小2年)兄弟が、1日に和歌山市中之島の県立体育館で開かれた平成29年度県ジュニア体操競技選手権大会(県体操協会主催)に出場。弟の俊紀君がCⅠの部で3位、兄の孝成君はCⅡの部で6位に入賞した。5位以内の成績を収めた俊紀君は、9月16、17日に同所で開かれる近畿ジュニア選手権大会に出場する。CⅠの部男子での日高地方からの入賞と近畿大会出場は初めて。
 各部門合わせて29人が出場。2人はこの大会が公式戦初出場。種目は床、あん馬、跳馬(CⅠは跳び箱)、鉄棒の4種目で行われ、CⅠの部では9人が出場。弟の俊紀君は得意の跳び箱から始まったが、着地で大きく動いてしまい思った以上に点数が伸びず、続く鉄棒でも演技最後で落下してやり直しとなり、大幅減点。前半での総合成績は8位と苦しい立ち上がり。後半は床からスタート。バック転へ移行するための動作ロンダート、バック転、宙返りを鮮やかに決め、種目トップの得点をたたき出し、あん馬でも練習ではほとんど成功しなかった旋回7回を見事に成功させ、種目3位の高得点、総合3位に盛り返し、近畿大会出場を決めた。賞状を手に喜びいっぱいで「前半はミスが続いてしんどかったけど、絶対に取り返してやろうと思って切り替えました。苦手なあん馬で高得点が取れてうれしかったです。近畿ではミスのない演技をしてもっと上を目指したい」と意欲的に話していた。
 孝成君が出場したCⅡの部は、部門最多の13人が出場。前半が鉄棒と床、後半にあん馬と跳馬が行われ、5位の選手にわずか0・8ポイント及ばなかった。孝成君は「床の着地ミスなどで得点があまり伸びませんでした。来年は必ず5位以内に入り、近畿に出場したい」と雪辱を誓った。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る