デュアルタスクで転倒予防

 二重課題(デュアルタスク)の処理能力とは、何のことだか分かるだろうか。例えば、「テレビを見て笑いながら皿洗いをする」「スーパーを歩きながら献立を考える」など。記者で言うなら、電話をしながらパソコンを打つとか、人の話を聞いてメモを取りながら頭で次の質問を考えるなど、2つ以上のことを同時に行う能力である。聖徳太子は7人や10人と同時に会話ができたというが、本当ならば二重課題処理能力が以上に高かったのだろう。
 先日、高齢者福祉施設の健康講座で、二重課題処理能力の説明があった。若いころは普通に備えている能力だが、加齢とともに衰えてくるそうで、そうなると転倒する危険性が高まる。転倒やそれに伴う骨折は、65歳以上の高齢者が要介護となる原因で上位に入っている。ちなみに何を根拠にしたデータか分からないが、歩行中に話かけられ、立ち止まってしまう高齢者は、6カ月以内に転倒する危険性があるとも指摘されていた。
 もちろん、転倒する原因は加齢に伴う運動機能の低下も大きいが、二重課題処理能力の低下も関与していることを1997年にスウェーデンの研究者が発表。以後、この能力を高めるトレーニングが考案され、高齢者の転倒、認知症予防に役立てられている。トレーニングの一例を挙げると、「簡単な計算をしながら歩く」「コップに入った水をこぼさないで歩く」など。ほかにも歯磨きしながら屈伸運動するとか、風呂で体を洗いながら明日の予定を考えるとか、自分でもいろんなトレーニングが考えられる。大した道具もいらず、簡単にできそうなので、高齢者はぜひ日常生活に取り入れてほしい。    (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山から初めて掲載されました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る