働く人のやる気アップ

 東京ディズニーランドでは、キャスト(準社員)を対象とした「サンクスデー」という年に一度のイベントが行われている。ネットなどで調べてみると、1992年、8周年の年に「準社員感謝デー」としてスタート。当時はトゥモローランドエリアのみで、ディスコショーや大抽選会を楽しむ企画だったが、いまは閉園後のパークを貸し切りにして、1万6000人ほどのキャストが参加。上司や社員約2000人がきちんとコスチュームを着て〝キャスト〟になって、キャストの接待役を務めるという。なぜ、このようなイベントをやっているのか。
 上司らが日ごろの感謝の気持ちを形にして伝えるのが第一。参加したキャストにとってはお客さんとして園内を楽しむことで、あらためてお客さんの要望などに気づいたり相手の立場に立った接客を考えたりする機会になり、それに何か楽しみがあれば仕事を一生懸命頑張る糧にできる。働く人の満足度(ES)を上げることは仕事のモチベーションアップにつながる。逆に上司らがキャストを経験することで新たなサービス、効率のいい働き方のアイデアが浮かぶこともあるだろう。「口先だけの上司」でなく部下に現場で汗を流す姿を見せることはキャストのやる気アップへ効果があるように考えられる。
 AI(人工知能)に支配される時代にならない限り、人が働くという形態は変わらない。その人に動いてもらうには何が必要なのか。報酬、コミュニケーション、賞賛、休暇などいくつかのポイントは挙げられるが、ディズニーランドのように立場を入れ替えて全従業員の一体感を養うイベントもいい方法。明るい職場づくりに参考になると思う。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 気持ちよく踊れました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る