働く人のやる気アップ

 東京ディズニーランドでは、キャスト(準社員)を対象とした「サンクスデー」という年に一度のイベントが行われている。ネットなどで調べてみると、1992年、8周年の年に「準社員感謝デー」としてスタート。当時はトゥモローランドエリアのみで、ディスコショーや大抽選会を楽しむ企画だったが、いまは閉園後のパークを貸し切りにして、1万6000人ほどのキャストが参加。上司や社員約2000人がきちんとコスチュームを着て〝キャスト〟になって、キャストの接待役を務めるという。なぜ、このようなイベントをやっているのか。
 上司らが日ごろの感謝の気持ちを形にして伝えるのが第一。参加したキャストにとってはお客さんとして園内を楽しむことで、あらためてお客さんの要望などに気づいたり相手の立場に立った接客を考えたりする機会になり、それに何か楽しみがあれば仕事を一生懸命頑張る糧にできる。働く人の満足度(ES)を上げることは仕事のモチベーションアップにつながる。逆に上司らがキャストを経験することで新たなサービス、効率のいい働き方のアイデアが浮かぶこともあるだろう。「口先だけの上司」でなく部下に現場で汗を流す姿を見せることはキャストのやる気アップへ効果があるように考えられる。
 AI(人工知能)に支配される時代にならない限り、人が働くという形態は変わらない。その人に動いてもらうには何が必要なのか。報酬、コミュニケーション、賞賛、休暇などいくつかのポイントは挙げられるが、ディズニーランドのように立場を入れ替えて全従業員の一体感を養うイベントもいい方法。明るい職場づくりに参考になると思う。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. これからも人権意識をもって成長を

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る