美浜町地方創生 吉原公園周辺を再整備へ

 美浜町は、今月中にも地方創生事業の一つ、「ふれあいと健康と起業のまち『みはま』」へ本格的に着手する。平成9年3月に供用を開始したものの松林内のため景観が悪く、遊具の老朽化なども問題と指摘されている吉原公園は近年、使用頻度が激減しており、周辺の松林内などを再整備する計画。本年度から5年間、約1億3000万円を投じ、産品コーナーや次世代のものづくりを支援する施設、多目的広場、散策ルート、遊具設置などで地域活性化の拠点エリアに生まれ変わらせる。
 事業の対象エリアは吉原公園南側の松林内など約2万平方㍍。就業機会確保、起業促進、世代間交流、健康増進などを主な目的に、平成33年度の事業完了を目指す。
 具体的な取り組みとしては、対象エリア南の県道沿いに工具や地元産品などの製造設備を備え、将来の起業を支援するファブラボ施設や地元産品を販売するための産品コーナーを設置する。ファブラボ施設には3Dプリンター、レーザーカッター、ドローンなどを備えるなどのアイデアが出ており、商品開発、研究を行う起業家をバックアップする。
 松林内には遊歩道、遊具、ドッグラン(飼い犬を自由に運動させることができる場所)、ノルディックウオーキングルートなどを設け、子どもからお年寄りまで触れ合いの場を提供。多目的広場にはLED照明を取り付け、夜間でも利用可能にする。管理運営については女性の活躍支援へ子育て中の母親らの活用なども検討中だ。
 29日には松原地区公民館で地域住民30人を集めて事業説明会が開かれた。今後は同じく地方創生事業として、先行して進められている「日の岬・アメリカ村の再生とふるさと教育」同様に、地域住民、学識経験者、役場職員らで今月中に協議会を立ち上げる方針。
 5年間のスケジュールでは、本年度に基本と実施設計策定し、遊歩道、遊具、ドッグランの整備、雑木の伐採、ファブラボ施設と産品コーナーの設置、管理運営組織の選定など。30年度以降に、施設を使っての工作教室、松林の整備などを順次行っていく。

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る