南高梅の出荷は目標の6割

 JA紀州は7日、みなべ町と印南町の南高梅の荷受けを終了した。出荷量は1913㌧で、目標3000㌧の約6割にとどまった。ことしは着果数が少なかったうえ、雨不足で果実肥大が進まなかったことが大きく響いた。価格面では終始高値をキープし、1㌔当たりの平均単価は526円(6月末現在)となり、昨年の394円の約1・3倍となった。
 南高梅の出荷受け付けは昨年より5日遅い6月30日から開始。出荷量は伸び悩み、例年だとピーク時には一日250㌧を超えるが、ことしは最高でも約150㌧(6月11日)だった。
 事前の日高果樹技術者協議会の調査では過去10年間の平均値より「やや少ない」(81~90%)と予想されていた。加えて5月から6月中旬ごろにかけての雨不足で果実肥大が進まなかったことが収量に大きく響いた。農家からも「実がなっていないうえに玉太りも鈍かった」という声が聞かれた。平成19年からの統計で2000㌧を下回ったのはことしが初めてとなった。
 価格は序盤から終盤まで高値を維持し、1㌔当たりの平均単価は526円。過去10年間をみると、不作年だった平成24年の533円に次ぐ2番目の高値となった。過去10年間平均の378円と比べても4割程度高かった。

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る