御坊署が活動協力の10人と2団体に感謝状

 警察法施行記念日(7月1日)に合わせて御坊署(太田清太郎署長)は20日、長年にわたり警察活動に協力している住民や団体に対する表彰式を行った。
 ことしは警察業務の推進や事件事故の抑止に貢献している御坊市の大谷秀生、濱田信矢、廣﨑隆重、藤岡伸近、堀秀男、松本春男、日高川町の奥村昌弘、加納良昭、由良町の丸宮信幸、印南町の脇野俊次の10氏と御坊市の社会医療法人黎明会北出病院(尾﨑充院長)、西日本旅客鉄道㈱御坊駅(山路正義駅長)の2団体に感謝状を贈呈。
 太田署長が出席者一人一人に手渡し、お礼を述べたうえで「刑法犯認知件数と交通事故発生件数の16年連続減少を目指し、当署員も日高地方の治安を守るために犯罪や事故を抑止する対策に取り組んでいるところ。皆さまのような地域の方々のご協力があってこそ、さらに成果が上がるものであり、今後とも引き続きご支援よろしくお願いします」と一層の協力を求めた。
 

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る