夢の9秒台を出すのは誰だ

 将棋界の新星、藤井聡太四段が前人未踏の29連勝を達成した。強さうんぬんは別にして、14歳のスターのおかげで全国各地の将棋教室は盛況で、将棋盤や本も売れているという。脚光を浴び、人気が高まって競技人口が増えれば、将来にまた〝超人〟が現れる確率はグンと上がる。勝っても負けてもニュースになる、まさに時の人であり、日本の将棋界への貢献度は図りしれない。どんな分野、競技にもいえることだが、やはりスターの存在は業界を活性化し、子どもたちを夢へと導く。
 陸上短距離界もいま、大きな注目を浴びている。スター選手が5人もいるという過去にない戦国時代。並み居る強豪を抑え10秒05という日本歴代6位の記録で日本選手権100㍍を制した18歳のサニブラウン、日本歴代2位、現役では最速の10秒01の記録保持者桐生祥秀、歴代4位10秒03の山県良太、歴代8位10秒08のケンブリッジ飛鳥と多田修平。10秒0台の選手5人のガチンコ勝負は見応えたっぷりだった。日本人初の9秒台はお預けとなったが、近い将来実現する予感を感じさせてくれた。
 決勝のテレビ放映は、視聴率が13%を超えたというのだから、多くの国民が熱視線を注いでいた証拠。多くの子どもたちも目にしたことだろう。0・01秒、人のまばたきの10分の1の一瞬を争う勝負は、肉体の究極の闘いと言っていい。オリンピックの花形でもある陸上100㍍。日本人が憧れの9秒台をたたきだし、決勝の舞台に立つのも夢ではないかもしれない。そんな可能性を子どもたちも感じたことだろう。最初に10秒の壁を破るのは誰か、いまはまだ無名の選手かもしれない。チャンスは誰にでもある。    (片)

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る