夏の高校野球和歌山大会 組み合わせ決まる

 7月13日に紀三井寺公園野球場で開幕する第99回全国高校野球選手権和歌山大会の抽選会が24日、県民文化会館であり、参加39校の準々決勝までの組み合わせが決まった。シード権を獲得していない日高地方の6校は1、2校ずつ4つのゾーンに振り分けられ、地元勢では和歌山高専が開幕カードで有力校の1校に数えられている箕島との対戦が決まった。
 参加校数は昨年と同じ39校で、抽選会には各校の主将らが出席。春季近畿地区大会県予選ベスト4の智弁和歌山、和歌山商、紀北工、田辺がシード校で、まずこの4校をA~Dの各ゾーンに振り分け、その後、残りの35校の主将が順番にくじを引き、次々と対戦カードが決まっていった。
 開会式は13日正午から紀三井寺公園野球場であり、田辺工の楠本迅一朗主将(3年)が選手宣誓。準決勝の組み合わせは大会12日目の第1試合終了後に決まり、順調に日程が消化されれば準決勝は27日、決勝は28日となる。公立校終業式の日と休養日の準決勝前日は試合を行わない。優勝校は8月7日に阪神甲子園球場で開幕する第99回全国高校野球選手権大会に県代表として出場する。
 今大会は春季県予選で優勝し、2年ぶりに夏の甲子園出場を目指す智弁和歌山が頭一つリードとの声が多いが、残りのシード3校、さらに昨年の新人戦の覇者・向陽、秋季県予選を制した和歌山東、好投手擁する箕島、昨年夏の県予選優勝の市和歌山ら追う各校も実力があり、序盤から白熱した試合が繰り広げられそうだ。日高地方勢の組み合わせを見ると、紀央館と和歌山高専がAゾーンに入り、シードの一角崩しを狙う。Bゾーンの南部、和歌山南陵は勝ち上がれば智弁和歌山との対戦が待ち受けているが、まず目の前の一戦に集中したい。日高中津は大激戦のCゾーンでどのような戦いを見せるのか注目され、Dゾーンの日高は地元勢で唯一、昨年の秋季県2次予選に進出しており、4強入りへ期待が高まる。
 地元勢は毎年のように上位進出を果たしているものの、あと一歩のところで敗れている。今夏こそ35年ぶりV、甲子園出場がなるか、熱戦から目が離せない。

関連記事

フォトニュース

  1. ラーメンの湯切りの落下速度は?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る