好きこそものの上手なれ

 人生のテーマは「一生遊ぶ」。何ともうらやましい生き方だが、それを実践している人がいる。先日、由良町とふるさと協定を締結している摂南大学の学生たちが同町でフィールドワークを行った際に、講演を行った一般社団法人白崎観光プラットフォームの中西剛史代表理事である。
 講演では、自虐的でもあるが、学生時代の偏差値は「27・8」で、漢字を勉強し始めたのは働き始めた20歳になってからと紹介。遊びでやっていたダイビングがいまのインストラクターという仕事になり、白崎海洋公園を運営して観光振興に携わるようになった。「日本一の会社をつくる」を目標に掲げ、ダイビングスクールとして日本一の栄冠に2年連続で輝いた実績も。遊ぶことが好きで、遊ぶことが得意、それがたまたま仕事になったといった感じ。失礼な話、ずいぶん適当な生き方だと思ったが、その遊びに対する情熱や好奇心のすごさは相当なもの。しかも、ぶれていない。例えばこれが遊びに対してではなく、勉強や他の仕事が好きだったとしても、同じようにそれに対して全精力を費やし、素晴らしい成果を上げていたのではないだろうかという、力強さを感じた。
 社会面の記事では紹介できなかったが、中西氏は学生に対して「人生のテーマはあるか。やりたいことはあるか。夢中になれることはあるか。好きなことをやっているか」と質問。その上で若い時から、何か信念を持って貫いていくことの大切さを訴えるとともに、「嫌々やることならやめろ」とアドバイス。「好きこそものの上手なれ」ということわざ通りの生き方に、老若男女問わず考えさせられるところがあるのではないだろうか。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る