若者のヤバイがヤバイ

 かっこいい、良い、悪い、すごい、感動した、困った、緊張する、寒い、テンションが上がる、うれしい、悲しい、気まずい、うまい、怖い、熱い、冷たい、かわいい、高い、安い、楽しい、優しい、汚い、まずい等々。最近の若い人が使う「ヤバイ」には、これでもまだ足りないほどの意味があるそうだ。良い、悪いや熱い、冷たいは反対の意味だが、「不都合である。危険である」(広辞苑第五版)が意味のヤバイをその場の空気に合わせて表現に用い、コミュニケーションを成立させるという。少し前、バラエティー番組で面白おかしく取り上げられていた。
 二十数年前の大学生時代、何が起こっても「しけた」と口にしていたことを思い出した。誰が言い出したのか分からないが、友人の間でとにかく「しけた」と言えば会話が成立、コミュニケーションも取れた。「不漁である。転じて、金まわりが悪い。不景気である。また、気持ちなどが、何となくぱっとしないでいる」が意味の「しける」(広辞苑第五版)が若者の「ヤバイ」と同じように幅広い意味を持つようになったのだろうか。自分自身も似たような言葉遣いをしていたことがある。
 新聞記者になってから「同じ言葉、言い回しをするな」とよく注意された。勝つなら、下す、破る、退けるなどのように言い換える。もっと言えば大勝、快勝、辛勝など内容がより読者に伝わるように表現し、記事を書かなければならない。文字で多くの人に伝えるのに「ヤバイ」は通用しない。「しけた」でも済ませられない。
 記者は時間内に最適な表現を選び、記事を書くのが仕事。読者に内容をしっかり伝えられるように、日ごろから多彩で的確な言い回しを心がけたい。     (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る