好きな部活に打ち込める環境

 それにしても今、日本の10代の活躍ぶりには目を見張る。先日の世界卓球選手権では48年ぶりに女子シングルスで銅メダルの平野美宇選手は17歳、女子ダブルスで16年ぶりに銅メダルを獲得した伊藤美誠、早田ひなペアがともに16歳。メダルには届かなかったが、8強入りと「チョレイ」の掛け声がブームとなっている張本智和選手は若干13歳。卓球だけではない、将棋ではデビューから26連勝中でテレビで見ない日がない藤井聡太四段は14歳、サッカー久保建英選手は16歳ながら飛び級でU―20日本代表入り。ほかにもさまざまなジャンルで若手が頭角を現している。
 日高地方に目を向けると、いまはまだ世界で活躍とまではいかないが、将来有望な10代選手はたくさんいる。今の時期は高校総体や中体連県大会などで好成績を収めて全国切符を手にした選手が連日、紙面を大きく飾っている。柔道、剣道、空手、バレー、野球、ソフトテニスなどなどジャンルもさまざまで、あらためて日高地方の選手のレベルの高さに感心させられる。この中から2020年東京オリンピック選手が出てほしい、そんな願いが湧くのも当然だ。
 一方で、少子化でとくに中学校では好きなスポーツに打ち込める環境がなくなりつつある。団体競技はてきめんで、バレーボールや野球は単独でチーム編成できない学校が年々増えている。子どもの数は減る一方で、現状が改善する兆しはない。近くの学校や市町単位での合同部活、地域でのスポーツクラブ化など検討していかなければならない時期だろう。「学校単位」は近いうちに崩壊するかもしれない。少子化が著しい田舎だからこそ、先進的な仕組み作りを考えようではないか。    (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る