14歳の最年少プロ棋士に注目

 学生の時、サークルの部室になぜか将棋盤があり、何度か駒を手にした。その時以来実際に指したことはないが、将棋は憧れの世界の一つ。知的な奥深さと熱さを感じるし、盤に駒を打つ音を聞くと身の引き締まる感じがする◆どんなジャンルでも「ただ者ではない人」を見つけるとすぐにファンになってしまうミーハーの筆者は、将棋界ではやはり羽生善治九段に関心をもって見守ってきた。初期の頃は相手をにらみすえる「ハブにらみ」が話題になり、25歳で将棋界初の七冠を達成して天才の名をほしいままに。そしてことし4月、最年少プロ棋士藤井聡太四段との対局で敗戦。「私の将棋観にはない攻めで負かされたので、新時代の感覚を身につけなければと思いました」とコメントしていた◆関連グッズが即完売するなど、将棋に関心のない人でもニュースでよくその名を目にする14歳の藤井四段。シャープで見るからに聡明そうな風貌の羽生九段とは違い、まだあどけないと言いたくなるような素朴な笑顔の持ち主だ。昨年12月のデビューから公式戦で負け知らず。15日の対局では26勝目を上げ、歴代連勝記録1位の28勝まであと2勝に迫っている◆一つの道に没頭し、存分に力を発揮する。それができるほど惚れ込める対象に出会ったことが、彼ら「天才」と呼ばれる人物達の何よりの幸福なのだろうと思える。「楽観はしない。ましてや悲観もしない。ひたすら平常心で」「追い詰められた場所にこそ、大きな飛躍がある」など多くの名言のある羽生九段。ただ一つの道を極めていく過程にこそ、豊かな発見はもたらされる。藤井四段も、これから道を行く過程で遭遇する彼ならではの幾多の発見を、見守る普通の人々に伝えてくれることだろう。     (里)

関連記事

フォトニュース

  1. こうやって来てくれたら助かるわ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る