紀州アカモク 美容成分を高濃度で含有

 近畿大学は、紀州日高漁業協同組合が商品化した海藻「紀州アカモク」の成分分析を行い、美容成分の「フコイダン」が高濃度で含まれていることを確認した。水溶性の食物繊維の一種で、肌の老化予防や整腸作用などがあるとされており、紀州アカモクがおいしい健康・美容食としてお墨付きを得た形。同大学では12日からアカモクの新メニューの期間限定販売も予定しており、新名物の大きなPRにつながりそうだ。
 アカモクはネバネバコリコリとした食感が特徴。紀州日高漁業協同組合は昨年、由良町戸津井と小引の海に群生するアカモクを県内で初めて商品化。今回、近畿大学薬学部の多賀淳准教授が、組合から依頼を受けてアカモクの成分分析を行った。その結果、ポリフェノールや食物繊維のほか、ナトリウム、マグネシウム、カルシウムなどのミネラル類が豊富に含まれていることを確認。また、高濃度で検出されたフコイダンは、免疫細胞活性化、抗アレルギー効果、肝機能向上のほか、アンチエイジング、コレステロール低下に伴うダイエット、便秘解消など美容に効果があるとされ、近年サプリメントとしても販売されている。成分分析では、水銀などの重金属類が検出されなかったことから紀州アカモクの安全性も確認された。
 これを受けて、同組合、多賀准教授研究室の学生、近畿大学生協が共同で紀州アカモクを使った「とろろ鶏そぼろ丼」「うどん」「オクラポン酢」の3種類の新メニューを開発。栄養評価には、多賀准教授とUHA味覚糖が共同で運営する産学連携プロジェクト拠点「KISS LABO」が協力した。12日から24日までは、東大阪キャンパスの学生食堂で販売する。とろろ鶏そぼろ丼は432円、うどんは250円、オクラポン酢は108円。
 同組合では「近畿大学の力を借りて紀州アカモクが有名ブランドになってもらえれば。由良町内でもアカモクの料理を提供してもらえる店を作っていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る