「梅の日」の効果は産地の誇り

 今月6日は「梅の日」だった。各地で関連のイベントが繰り広げられた。
 室町時代の1545年6月6日、晴天が続いて作物が育たなかったため京都の賀茂神社例祭で後奈良天皇が梅を献上したところ、雷鳴とともに大雨が降り、おかげでその年は五穀豊穣になったという。人々はこの雨を「梅雨」と呼び、梅に感謝した。この故事に由来し、みなべ町や田辺市などの生産関係者でつくる紀州梅の会が平成18年に日本記念日協会に登録して定めた。
 2月14日のバレンタインデーにはチョコレートを贈るように、梅の日には梅干しを食べるという国民的な習慣を普及させ、消費拡大につなげることが当初からの目的の1つだった。
 制定されてからは毎年、京都の下鴨・上賀茂神社に青梅を献上している。東京の大田市場では、梅をPRする「和歌山フェア」を開催。県内の本宮大社や須賀神社(みなべ町西本庄)では記念式典も行われている。みなべ町では、このほかにも地元から梅を消費しようと、昨年からは町内の小中学校の給食に自分たちでつくる梅干しおにぎりも登場するようになった。
 しかし、実際に「梅の日」が全国的に浸透し、消費が飛躍的に伸びたとは思えない。短期間で目に見える効果を出すには、全国ネットのテレビ局で継続して何回もコマーシャルを入れるなど、莫大なPR費用が必要になってくるのではないだろうか。
 梅の日の取り組みは、いますぐには大きな効果が出ないかもしれない。しかし、産地が一体となって取り組む姿勢をみて、地元の子どもたちがふるさとへの誇りを持つ。それが一番大きな「梅の日」の効果といえるのではなかろうか。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. おもろいかかしがお出迎え

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る