日高高校中津分校生がシカ肉レシピを考案

 日高川町西原の日高高校中津分校(池田尚弘校長)では、シカ肉をPRして町の観光につなげようと、新たなレシピ作りを行っている。7日には2年生32人が地域おこし協力隊の村越拓也さん(27)とともに試作品作りを行い、4品が完成。考案したメニューは7月から有田川町にある飲食店で販売を予定しており、利益を得ることで働くことの意義も学習する。
 同校のゲストティーチャーとなっている村越さんが本年度の取り組みとして「生徒たちが実際に利益を得ることで働くことの意義を学んでほしい」とし、学校と協議。狩猟免許を持っておりシカ肉の加工も行う村越さんが肉を提供し、生徒が考案したレシピを飲食店で販売し利益を得ることで、仕事のやりがいを学んでもらおうと実施を決めた。
 レシピは生徒たちが7班に分かれ、インターネットなどを使って考えた。7日には、考案してきたローストビーフや餃子、串焼き、ピザ、ライスボールなどを調理。村越さんにアドバイスしてもらいながら味付けや焼き加減など試行錯誤しながら完成。全員で試食し、味など納得いく料理としてピザと肉巻きおにぎり、餃子、お茶漬けの4品を選んだ。
 販売に協力してくれるのは同校教諭の友人で、有田川町野田で多国籍料理を提供しているバル「サカズラ」の三葛心店長。生徒が考案したレシピから店で提供できるものを選び、7月からメニュー化。生徒のレシピの商品が注文された場合、売り上げの一部を学校に還元。学校では売り上げでスポーツ備品などの購入を検討。またバルでの売り上げが好調だった場合、日高川町内の飲食店、またイベントでの出店販売など、新たな展開も考えている。

関連記事

フォトニュース

  1. 気軽にご利用、ご来場ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る