紀州梅の会 京都などで「梅の日」PR

 紀州梅の会(会長=真砂充敏市長)は「梅の日」の6日、県内外で多彩なPRイベントを展開した。
 京都の下鴨・上賀茂の両神社に青梅10㌔ずつを献上。約50人が時代衣装をまとって行列をつくり、平安時代に梅を奉納した様子を再現した。このあと神前に青梅を供え、産地の発展を祈願した。同会梅干部会の濱田洋部長は「京都で梅を奉納することがこの時期の風物詩として受け入れられることに感謝したい。梅に感謝し、梅のある暮らしを広げていきたい」と話した。
 東京の大田市場では「和歌山の梅フェア」を開催。旬の青梅のほか、梅製品などを展示してPR。梅干し、梅ジュース、梅ジャムの試食や試飲も行われた。真砂会長は「梅の機能性が科学的に解明され、熱中症予防や夏ばて防止、疲労回復などに効果がある」と旬を迎えている本場の青梅の消費促進をアピール。JA紀南の本田勉組合長も「熟した梅をジュースにすると、芳醇な香りでおいしく仕上がる」とPRした。世界遺産の熊野古道の旅姿をイメージした平安衣装を着た梅娘らも梅の良さをアピールした。
 このほか、田辺市本宮町の本宮大社でも記念式典を実施。九鬼家隆宮司が南高梅をたるに入れ、塩とお神酒で漬け込む神事が行われた。梅の日は平成18年に制定され、ことしで12回目となる。毎年、全国に記念日を普及させ、梅の消費拡大につなげようとPRを展開している。

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る