日高町の子育て支援が好評

 日高町子育て支援センター「クエっこランド」は、保健福祉総合センター(ふれあいセンター)内の一角で運営して5年目になるが、利用者の急増に伴い、7月上旬にも同センター内の広いスペースに移転する。未就園児の遊び場や親子の触れ合い、保護者同士の交流拠点として人気があり、原則月曜から金曜まで無料利用できる。町ではより一層利用環境の充実を図っていく。
クエっこランドは、0歳から3歳までの未就園児と保護者が対象。月曜から金曜までの午前9時から正午と、午後1時から4時までオープン。運営は専門業者に委託している。
 子どもの延べ利用者をみると、平成25年度(7月からオープン)は1574人、26年度は3521人、27年度は3148人。28年度は4450人で前年比41・3%の大幅増となった。クエっこランドの取り組みが定着してきたことに加え、町内で若者世代が増加していることが要因。また、クエっこランド以外で、平日の毎日利用できるような子育て支援の場が町内にない上に、毎月体操や英語、クリスマス会、おはなし会など、趣向を凝らしたイベントを行っていることも人気のようだ。
 現在、ふれあいセンター1階の保健指導室で運営しており、人数が多い日は隣の和室も使っているが、手狭となってきた。また、保健指導室は、乳幼児健診の場にもなっており、健診がある時はクエっこランドがオープンできなかった。このため、同じ1階にあるリハビリルームの半分を区切って利用。面積はいまの保健指導室の2倍の100平方㍍になる。今月中には床にクッションとなるジョイントマットを設置する。リハビリルームの広さは半分になるが、リハビリの利用人数が減っているため、支障はないという。担当課は「より多くの人に利用してもらいやすいような環境を整えていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る