日高町の子育て支援が好評

 日高町子育て支援センター「クエっこランド」は、保健福祉総合センター(ふれあいセンター)内の一角で運営して5年目になるが、利用者の急増に伴い、7月上旬にも同センター内の広いスペースに移転する。未就園児の遊び場や親子の触れ合い、保護者同士の交流拠点として人気があり、原則月曜から金曜まで無料利用できる。町ではより一層利用環境の充実を図っていく。
クエっこランドは、0歳から3歳までの未就園児と保護者が対象。月曜から金曜までの午前9時から正午と、午後1時から4時までオープン。運営は専門業者に委託している。
 子どもの延べ利用者をみると、平成25年度(7月からオープン)は1574人、26年度は3521人、27年度は3148人。28年度は4450人で前年比41・3%の大幅増となった。クエっこランドの取り組みが定着してきたことに加え、町内で若者世代が増加していることが要因。また、クエっこランド以外で、平日の毎日利用できるような子育て支援の場が町内にない上に、毎月体操や英語、クリスマス会、おはなし会など、趣向を凝らしたイベントを行っていることも人気のようだ。
 現在、ふれあいセンター1階の保健指導室で運営しており、人数が多い日は隣の和室も使っているが、手狭となってきた。また、保健指導室は、乳幼児健診の場にもなっており、健診がある時はクエっこランドがオープンできなかった。このため、同じ1階にあるリハビリルームの半分を区切って利用。面積はいまの保健指導室の2倍の100平方㍍になる。今月中には床にクッションとなるジョイントマットを設置する。リハビリルームの広さは半分になるが、リハビリの利用人数が減っているため、支障はないという。担当課は「より多くの人に利用してもらいやすいような環境を整えていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 2月中旬まで見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る