8連敗にしらけムード

 2日夜、寝る前にスポーツニュースを観て驚いた。巨人がオリックスに逆転負けし、11年ぶりに8連敗。7回、村田の2ランなどで4点を奪った時点で連敗ストップを確信、BSの生中継からチャンネルを替えたのだが、まさか最終回に一番安定感のあるマシソンが簡単に2死としたあと崩れて3点差を追いつかれるなんて…。クルーズを今季初昇格させ、全打順を変更して試合に臨んだというが、実らなかったようだ。
 前日1日の楽天戦もがっかり度は大きかった。相手は絶好調の楽天、そのチームをけん引するエース・則本。敗戦を覚悟しながら中継を観ると、ルーキー左腕・池田の好投と村田の2ランでリードしているではないか。「これはいける」と思ったのもつかの間、チャンネルを中継に替えて数分後には田原が同点の一発を浴び、一気にあきらめムードに逆戻りさせられた。案の定、打線は1点を追う最終回の攻撃でもミスの連続で反撃できなかった。
 オフにDeNAから山口、ソフトバンクから森福、日ハムから陽岱鋼と、FAで3人も獲得。さらにメジャーから抑え投手も加え、30億円ともいわれる大型補強を行った。でも、生え抜きの若手が活躍する広島にはやられっぱなし。勝てない。素人目でも「ホントに必要?」と首を傾げたくなる選手獲得があり、ファンにはしらけムードが漂っている。
 リノベーション(再生)の第一人者を取材した際、「いまは『つくる』から『つかいこなす』時代になった」との話があった。潜在価値(若手らの戦力)を精査せず、カネにモノをいわせるような安易なやり方を選択したことが低迷を招いたのではないか。チーム再生へ、いち早く低迷の原因究明を始めなければならない。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る