みなべ町地域おこし協力隊に青木さん

 行政や住民と協力・連携しながら地域の活性化に取り組む「みなべ町地域おこし協力隊」が決まり、1日に和歌山生まれで千葉育ちの青木友宏さん(26)に辞令が交付された。同隊は、清川地区を中心に自然・文化・地域資源などを活用した取り組みを進め、地域振興につなげるのが役目。青木さんは「住民と楽しく交流しながら、この地域にある里山の魅力を発信していきたい」と抱負を語った
 都市地域から過疎地域などに住民票を移動し、地方公共団体が協力隊として委嘱する国の「地域おこし協力隊」制度を活用した事業。
 青木さんは父親がかつらぎ町、母親が紀の川市出身で生まれは県内だが、父親の仕事の都合で幼い頃に千葉県に移り住んだという。その後、大阪府立大学生命環境科学部に進学し、京都大学大学院で環境マネジメントを専攻し、農村振興や地域づくりについて学習した。1年半にわたってアメリカで農業や酪農などを学んだ経験もある。世界農業遺産の認定に関係した大学教授と関わりがあったことから清川地区と交流する機会ができ、「農村振興などいままで学んできたことを生かしたい」と応募したという。
 交付式は役場町長室で行われ、辞令を受け取ったあと小谷芳正町長と歓談。「みなべ町には梅以外にも魅力的で面白い要素がたくさんある。趣味でミツバチを飼っている人もいるのにびっくりした。自分もぜひミツバチを飼ってみたい。住民と幅広く交流しながら、いろんな魅力を発信していきたい」などと話した。小谷町長は「他からの風を吹き込んでもらい、住民がいままで気づかなかった魅力的な部分を認識してもらえるように頑張ってほしい」と期待していた。
 非常勤職員として採用。任期は6月から来年5月31日までの1年、最長3年まで延長することができる。

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る