ホタルとともに輝く地域へ

 子どもの頃の30~40年ほど前には、今頃の時期になると家の周辺でホタルが飛び交っていた。すぐ近くで幻想的な光を放ち、時には家の中にまで入ってくることもあった。当時はそれが当たり前の風景だったが、その後、ホタルは年々減少。一時は復活の兆しがあったものの、平成23年の紀伊半島水害で河川が壊滅的な被害を受けて激減した▼ホタルから連想されるのは、自然豊かなのどかな地域。ホタルが乱舞するというだけでその地域がイメージできる。そこに住む人々さえ温厚な性格ではないかと想像してしまう。それは地域振興の手段としても用いることができるのではないか。例えば、「ホタルが飛ぶ温泉の村」ときくと「ホタルを眺めながらのんびりと温泉に浸かってみたい」と思うし、「ホタルが飛ぶ里で採れた野菜」というだけで、なんとなく安心・安全な感じを受ける。他地域に対する宣伝手段の1つとして使えるだろう▼田辺市龍神村では、ホタルを復活させようという取り組みが行われている。宿泊施設でつくる「龍神お宿の会」が平成25年から養殖活動などを実施、昨年ごろから成果が出始めた。場所によっては50匹ほどが乱舞する光景がみられ始め、ことしは今月9日に同村小家地内で初めての観賞イベントも開催。ホタル観賞のほか小家太鼓の演奏、キーホルダーづくり、蛍光塗料の袋に包んだ餅を投げる餅まき、飲食バザーの出店などもある。ぜひ、読者の皆さんも来場して楽しんでみてはいかがだろうか▼主催は龍神お宿の会、地元区、商工会、Iターンの芸術家らが住むアトリエの家らで構成する「ホタルとともにかがやく龍神村づくり実行委員会」。ホタルの乱舞が続くことで、実行委員会の名のように地域が輝くことだろう。     (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. ゴミ拾いはスポーツです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る