杉本、川瀬さんに交通安全功労賞

 交通事故をなくする県民運動推進協議会(会長=仁坂吉伸知事)の平成29年度総会が29日、和歌山ビッグ愛であり、席上、交通安全功労者と交通安全年間スローガン最優秀賞者の表彰が行われた。県内各地域で長年にわたり交通安全活動を実践している人に贈られる交安功労表彰は20人、うち日高地方からは杉本健一(74)=美浜町三尾=、川瀬卓児(49)=日高町志賀=の両氏が受賞した。

 杉本さんは40歳から現在まで34年間、町交通指導員を務め、うち10年間は同指導員会の会長として町内の交安活動をリードしてきた。小・中学校の交安教室で自転車の安全運転指導、年4回の交安運動期間中の街頭啓発、町内でスポーツや文化イベント開催の際のサポートなどに尽力。いまも平日は毎日、三尾から和田小学校へ通う児童がスクールバスへ乗車する時の安全確認と見守りなどの活動を続けている。29日の表彰式終了後には役場を訪れ、森下誠史町長に受賞を報告。「長年やってきたので、ご褒美にいただいた表彰だと思います」と喜びを表したうえで、「町内、それに周辺市町で交通事故が1件でもなくなってくれればというのが一番の願い。体力が続く限り頑張っていきたい」と今後についても意欲を見せた。森下町長は「これからも健康に気をつけて、よろしくお願いします」と声をかけ、ますますの活躍へ期待を込めた。

 川瀬さんは、平成9年から約20年間にわたり交通指導員を務めており、監事にも就任。町の交通指導員10人の中では最年少だが、勤続年数から言えば中堅となっている。8年に亡くなった父弘克さんは、町交通指導員会の発足当時から交通指導員として活動していたが、そんな背中を見て育ち、「私も多少なりとも町の交通安全にお役に立てれば」と、交通指導員になった。父の後を継いで代表となっている川瀬モータースでの仕事の傍ら、交通指導員として毎月1回街頭で、子どもたちの通学の見守り活動を実施。季節ごとの街頭啓発や町内小学校での交通安全教室にも参加している。受賞に際して「大変光栄な賞をいただき、ありがたく思っています。気が付けば20年ということですが、皆さんの協力で続けることができました。今後も微力ながらまちの交通安全に努めていきたいと思います」と決意を新たにしていた。

 

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る