武田双雲さんの世界観に感銘

 本年度第1回市民教養講座を取材した。講師は書道家の武田双雲さん。書道を通じて得た世界観を、楽しく聴かせてくれた◆本名は「武田大智(だいち)」。幼い頃は、その名を平仮名で書くと3回登場する「た」の字が好きで、特に書道家の母双葉さんが書く「た」は「六本木のモデルのように」美しく大好きだった。ところが、隣の席の子の書く「た」に衝撃を受ける。2画目の縦線がキリンの首のように長く、3・4画目はかなり外れた場所にチョンチョンとついている。「これでも『た』なのか」と、好奇心の赴くまま同級生全員と校長先生に「た」と書いてもらった。集まった「た」を見てすごいことに気づく。「同じ『た』が一つもない」◆「字にはその人の性格がどうしても表れる」ので、どんな字にも個性を見いだして面白く感じるという武田さん。初めてのアルバイトで年賀状の仕分けをやったが、手書きの文字に見とれてさっぱり進まず4時間でやめさせられる羽目に。枠にはまらない行動パターンは生まれつきで、授業中などは全然じっとしていられなかった。野球チームのピッチャーをやると、肝心のところできれいな雲に見とれて動きが止まってしまう。それでも両親は決して怒らず「天才だ」といって育ててくれたという◆講演からは「すべてのものに好奇心を持ち、ワクワクして向き合えば何もかも輝いて見える」という前向きな世界観が伝わってきた。その根本には、あるがままの自分を全肯定してくれる両親の存在があったのではないかと思う◆終演後はかなり長い時間、観客の写真撮影の希望に応じた。その笑顔からは、「みんなで楽しい時間を共有したい」という自然で前向きな思いがあふれるようだった。     (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 桜とダム、こいのぼりが競演

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る