U14サッカー県トレセン代表に岩城、伊藤選手

 U―14(14歳以下)サッカー県トレセン代表メンバーが決まり、日高地方からベローラ日高の岩城愛士選手(日高中2年)と由良FCの伊藤陽翔選手(由良中2年)が選出された。28日から大阪のJ―Green堺で開幕する関西トレセンリーグに参加する。岩城選手は当たり負けしないフィジカルの強さ、伊藤選手は抜群のパスセンスなどが武器で、強豪ぞろいのリーグでも活躍を誓っている。
 5月に2回行われた選考会で一人一人の動きをチェック。審査員の目に留まったフィールド18人、ゴールキーパー2人の20人を選んだ。
 岩城選手はベローラではトップやセンターバックとして活躍。174㌢の恵まれた体格を生かし、攻撃ではパワフルなドリブル突破とスペースへの抜け出し、ロングシュートも狙えるのが魅力。守備では当たり負けせず、一対一の強さが武器だ。
 「ボールをしっかり収めるトラップの技術を磨きたいし、スタミナももっとつけたい」と常に向上心を持っており、「関西リーグでは、トップのときはゴールを決め、守備では一対一で負けないプレーをしてきたい」と張り切っている。
 伊藤選手は小学生のころからずっとボランチ。ドリブル、パス、シュート、守備と何でもこなすオールラウンドプレーヤー。「持ち味はサイドの裏へ出すパス。課題はフィジカル」と自己分析し、体を強くするために食事にも気を使うなどサッカーが大好き。スタミナにも自信があり、ピッチを走り回って攻守に活躍しており、チームに欠かせない存在となっている。
 「関西リーグはレベルの高い選手ばかりで楽しみ。ゴールに直結するパスでアシストを決めたい」とこぶしを握っている。
 関西リーグは、U―14年代の強化・育成のためにレベルの高い厳しい試合を経験することを通してレベルアップを図り、関西から多くの日本を代表する選手を輩出しようと毎年開催している。6府県のトレセン代表とガンバ大阪、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸、京都サンガのJリーグジュニアユースの4チームを加え、10チームが総当たりを行う。第1節は28日で、和歌山トレセンは京都サンガ、兵庫トレセンと対戦する。

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さまのお支えのおかげです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る