南高梅着花調査 主産地は「やや少ない」

 日高果樹技術者協議会(廣澤健仁会長)は25日、日高地方4市町で23・24日に実施した梅の着果調査結果を発表した。今回が最終。主力品種の南高梅が対象で、主産地のみなべ町と印南町の着果数は過去10年間の平均値と比較して「やや少ない(81~90%)」で、果実肥大(果実の長径)は104%とほぼ平年並みだった。生育は昨年と比べ1週間程度遅いという。
 みなべ町118園、印南町17園、御坊市6園、日高川町19園の計160園で実施。各園地で平均的な南高梅1樹を選び、直径2㌢程度の枝に着いた果実数を調べた。
 地域別では過去10年間の平均と比較すると、みなべ町の岩代・南部と上南部は「少ない(80%以下)」、高城は「やや少ない」、清川は「並み(91~109%)」。印南町は「少ない」だった。このほか御坊市は「少ない」、日高川町の川辺地区と中津地区は「並み」。全体の平均は「やや少ない」という結果となった。
 肥大調査でみると、みなべ町の岩代・南部が105%、上南部が103%、高城が107%、清川が102%、印南町が100%だった。御坊市は98%、日高川町の川辺地区が101%、中津地区は104%となった。果実数は全体的に少ない傾向だが、肥大は大半の地域で過去10年平均比を上回った。園地や樹によって着果にばらつきがみられ、一部の園地でかいよう病や灰色かび病の発生が確認された。4月15日に降った雹(ひょう)による被害がみなべ町東本庄の一部であった。
 同協議会では「今後の気象条件、病害虫の発生、生理落下程度、果実肥大状況により作柄は変動する」としている。

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る