日本青年会議所ブロック大会で御坊JCがグランプリ

 日本青年会議所近畿地区和歌山ブロック協議会の第48回和歌山ブロック大会が21日、和歌山市梅原のノーリツアリーナ和歌山で開かれ、県内各青年会議所の優秀な事業をたたえる褒賞で、御坊青年会議所の「遊・友スクール2016in北山村~五感で感じ、大自然に学ぼう~」が最優秀グランプリを獲得。体験、交流を通した青少年・人材育成の事業として高い評価を受けた。
 褒賞には県内8青年会議所から14事業のエントリーがあり、書類審査とプレゼンテーションを実施。①地域活性化(まちづくり)②青少年・人材育成③会員交流・広報活動・例会――の各部門グランプリと全部門中最高評価の最優秀グランプリを選定し、大会当日に結果を発表、表彰が行われた。
 御坊の事業は昨年7月23、24の2日間、メンバーとともにみなべ町を除く日高地方の小学5、6年生が参加して開催。北山村でラフティングを体験したほか、当時の村長から村の歴史を学んだり、現地の小中学生たちと日高地方特産のウスイエンドウ、北山村特産のじゃばらでコラボレーション料理を一緒に作った。自然体験のラフティングや地域交流のコラボレーションクッキングを通し、次世代を創造する子どもたちに不可欠な「友情」「助け合う心」「人と人とのつながりの大切さ」を身につけてもらうとともに自主的、実践的な態度を五感で勉強。「和の精神と強く優しい笑顔による誰もが夢を描ける和歌山の創造に大きく貢献した」とたたえられた。
 御坊青年会議所の最優秀グランプリ受賞は7年ぶり。槇嶋寿之理事長は「地域や学校では学べない体験や実習で創造性教育を展開できたと思っています。これからもっと事業を盛り上げ、青少年育成に力を尽くしたい。来年は創立50周年。グランプリ受賞でみんなのやる気にもつながっており、新規会員の募集も呼びかけたい。興味のある方は御坊青年会議所(℡0738-22-5434)まで」と話している。
 会場ではブロック大会と併せて和歌山逸品フェスタも開かれ、県内の人気23店が自慢の食の逸品を販売。御坊からは「中(ATARU)」がコーヒーやケーキ、「笑味や」がお好み焼きを出品。人気を集め、地元の食をPRした。

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る