相続脱法違反で花田県議に有罪判決

 日高川町の社会福祉法人への寄付を装った相続税の巨額脱税に関わったとして、遺産相続人らとともに相続税法違反の罪に問われた日高郡選挙区選出の県議、花田健吉被告(58)=印南町印南原=に対し、大阪地裁は19日、懲役1年6月、執行猶予3年、罰金500万円(求刑=懲役1年6月、罰金500万円)の有罪判決を言い渡した。花田被告は即日控訴した。
 花田被告が無罪を主張し、争点となった不正の認識について村越一浩裁判長は、寄付が相続税の過少申告のための計画と認識した上で受け入れ先探しに協力し、「立場と人脈を利用して重要な役割を果たした」と認定。弁護側が受け取りを否定した報酬については検察側の主張通り900万円を受領したと結論づけた。
 判決によると、花田被告は兄から遺産を相続した高木孝治被告(75)=1審有罪、控訴中=らと共謀。平成26年9月、日高川町の社会福祉法人に遺産の大半を寄付したように装い、相続税約4億9000万円を脱税したとしている。
 花田被告は閉廷後の記者会見で、あらためて潔白を主張。県議を続ける意向を示した。

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る