ボロボロの守りで存在感

 こんなことになるとは、どれほどの人が予想しただろうか。わが栄光の阪神タイガースは17日も勝って貯金を12とし、昨年の王者広島を抑えて首位をがっちりとキープ。尼崎の商店街ではないが、最速で6月2日にマジックが点灯、8月1日には優勝が決まる勢いだという。
 投手陣はメッセ、藤浪、能見、岩貞、秋山の先発5人がまずまず期待通り。今季はなにより中継ぎが素晴らしく、10年目の苦労人桑原が力投すれば、負けじと高橋も気迫をみせ、岩崎、マテオが抜群の安定感でピンチを切り抜け、最後はひじを手術して球威が増したドリスがピシャリ。
 打線は糸井の加入が大きい。相手バッテリーへの威圧感は元巨人の松井ばりで、打席に立つだけで投手は制球を乱し、相手に投げさせる「打てる球」を一発で仕留める。福留、鳥谷も触発されたか。その2人に挟まる中谷もようやく長距離砲の片りんを見せ始めた。
 一方、内野の守備のミスが目立つ。三塁に移った鳥谷の動きはぎこちなく、上本と北條の二遊間も明らかに他チームに劣り、チームの失策は33個で、2番目の広島より試合数が少ないのに10個も多い。そんななか、プロ12年目の大和が存在感を発揮している。
 昨年途中から両打ちとなり、今季は左の打席もまったく違和感がない。まだ登録名が前田だったころ、安芸で平田コーチの居残りノックを受けていた当時は「とりあえずしっかりメシ食えよ」という感じだったが、いまではグラウンドにいるだけでスタンドとテレビの前のファンを安心させる。
 まさかの快進撃も、守りがしっかりすればさらに加速する。「広島の菊池より上」といわれる守備だけでなく、打って走って大和が躍動すれば本物のマジックが点灯するだろう。   (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る