町長、勉強になるっス!

 みなべ町は16日、甲子園球場で行われた阪神―中日戦で「紀州みなべ南高梅ナイター」と銘打ってPR活動を行った。ことしで12年目の取り組み。小谷芳正町長が試合前に始球式を行ったほか、うめ娘2人が両チームに梅干しを贈呈。来場者にはPR用の梅干しを配布した。町では「梅のPRに取り組み、消費拡大につなげたい」と話している。
 町内西本庄の井口富雄さん(69)と井口修一さん(69)らが阪神球団の関係者と交流があったことがきっかけで、平成18年から開始。以後、毎年続けられている。
 ことしも試合前のセレモニーで、うめ娘の出口実可子さん(東岩代)が阪神の北條史也選手、谷本千尋さん(芝)が中日の杉山翔大選手に南高梅を手渡した。小谷町長の始球式では中日のトップバッター京田陽太選手に投球。ストライクゾーンに決まり、客席から大きな歓声が上がった。来場者プレゼントも行われ、当選した大阪府和泉市の姉妹に梅干し、青梅、梅酒のセットが贈呈された。試合中には電光掲示板モニターに「紀州みなべ 南高梅ナイター 和歌山県みなべ町」の文字も流れた。
 試合前には、9カ所の入場ゲート付近で3粒入り梅干しパックや梅の効能の説明入りパンフレットなど5000セットを配ってPR。受け取った人からは「昨年もいただきました。梅干しがとてもおいしかった」「南高梅は知っています」などの声が聞かれた。試合は8―1で阪神が中日を下し、3連勝となった。

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る