「一芸」は身を助ける

 「ラッスンゴレライ」なんていえば「何それ」といわれかねず、あれだけ大ブームを巻き起こしたピコ太郎ですらすっかりテレビで観なくなった。いまの時代、芸能界の流行り廃りは本当に早く、40代のおっさんではついていくのに苦労する。
 その芸能界では当然、「芸は身を助ける」という部分が大きい。「○○芸人」というのが登場するようになって久しい。「○○芸人」とは特に詳しい分野を持った人たちで、俳優やアイドルにもたくさんいる。よくテレビでも見かけるのは最新の家電にめちゃくちゃ詳しい「家電芸人」、肉やワインなど美食家の「グルメ芸人」、アイドルにはまっている「オタク芸人」ら。芸人自体、演芸や特殊芸でお客さんを楽しませて収入を得る職業であるが、いまはそれだけで生き抜いていくことはできない。いくつも冠、レギュラー番組を抱える大物司会者らは別にすると、「さらに一芸」が必要のようで、なかには甲子園に滅法精通している「高校野球芸人」、占いを得意にしている「手相占い芸人」、家庭の収納などの資格を持つ「収納王子」らも存在。それぞれ時折、そのシーズンや特集の番組などでスタジオに呼ばれ、出演機会に恵まれているのを目にすると、やはり「芸は身を助ける」と感じる。
 「浅くても広く、とにかく何にでも興味を抱く」が大原則と思う記者の仕事でも、「一芸」、すなわち誰にも負けない分野を持つことは重要。それがなければ、取りえのないさえない記者とみられる。ゴールデンウイークが過ぎ、4月から社会人になった人たちも、そろそろ新生活に慣れた頃。頼りにされるようになるためには、仕事でも私生活でも「一芸」を磨いておくことをお勧めする。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る