レジェンド衣笠を見習え

 筆者が小学生のころ、テレビでよく見ていたプロ野球の試合で印象に残るプレーやシーンはたくさんある。バース、掛布、岡田が3者連続でバックスクリーンへ放り込んだホームランはいまでもはっきり覚えている。阪神ファンの筆者ではあるが、幼心に最も胸に焼き付いている選手は、実は広島の衣笠祥雄さんである。とにかく休むことなく試合に出続けた鉄人として有名だが、個人的に衣笠さんといえばデッドボールというイメージが強い。思い浮かぶシーンはデッドボールを受けても投手に左手をそっと上げて「大丈夫やで」ということを静かな態度で示していた姿だ。一流中の一流、まさにレジェンドという言葉がふさわしい。
 衣笠さんの姿を思い出したのには理由がある。プロサッカーの試合でとんでもない問題行動があったからだ。J2の徳島ヴォルティスの選手が試合中、ボールがサイドラインを割ったとき、自分の思うようにボールを手渡されなかったことにいら立ったのか、ボールボーイの中学生にボールを突き返し、体をぶつける暴力行為をはたらいた。プロ選手として、いや大人として恥ずかしいことは本人も分かっていることだろう。
 プロスポーツという厳しい世界で、勝負への執念が強すぎてついやってしまったか。いやいや、どんな言い訳も通用するわけがなく、子どもたちの模範、憧れとなるべきプロ選手としてあまりにもふさわしくない行為といえる。スポーツの世界に限らない。社会人として、大人として、自分の考えがすべてだと思いあがっていないか。人の振り見て我が振り直せ、自分への戒めも込めて、衣笠さんのような一流の大人にならねば。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. これで初日の出も安全

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る