怖いお化けを実在させるか

 「どれもこれもはっきりせん。ほんまにおるんなら、お日ぃさんの明るい昼間に堂々と出てきたらどやねん」。上方落語の爆笑王、故桂枝雀師匠が「皿屋敷」の枕で、正体が不鮮明な心霊写真やお化けと呼ばれる現象を指して、そのインチキ臭さを笑っていた。
 逆に、明らかに目に見える存在を否定されるケースもある。だれが見ても立派な軍隊でありながら、「専守防衛の必要最小限の実力組織であって、軍隊(戦力)ではない」とされる自衛隊。先般、安倍首相は自衛隊の存在を明確にするなど9条を第一に憲法を改正し、2020年施行を目指す考えを表明した。
 国民の多くがその任務に信頼を寄せながらも、憲法学者の7割以上が「違憲」という自衛隊を合憲化するのが、自分の世代の使命だと強調。平和憲法の核心である 9 条の1項(戦争放棄)と2項(戦力の不保持)はそのまま残し、自衛隊の根拠規定を追加する形で、国会での議論、発議を促すという。
 憲法改正に反対するいわゆる護憲派は、これを「安倍政権の暴走だ」「9条を守れ」と繰り返す。「日本を戦争する国にするな!」という怒りだが、これは安倍首相ら改憲派もまったく同じ考えである。
 自衛隊の合憲化はとりもなおさず、国土と国民を守る「抑止力の向上」を目指すため。自衛隊が違憲でなくなれば日米安保条約、平和安全法制の下の運用も迅速、円滑に進み、集団的自衛権も行使せずにすむという話であろう。
 改憲派と護憲派のどちらの主張が現状の日本にかなうか。他国の侵略に抵抗するのかしないのか。国家の意思を示すのが憲法であり、どちらがより抑止力を発揮するかを考えなければならない。お化け(自衛隊)のこけおどしはとっくに見抜かれている。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る